2010年04月29日

大にぎわいスカイツリー、親切にトイレマップ(読売新聞)

 建設中にもかかわらず、大勢の見物人が訪れる東京スカイツリー(東京都墨田区)、早くも観光名所となった想定外の事態に、周辺にトイレが少ないことが課題になっている。

 墨田区は大型連休を前に、トイレマップを張り出すなど対応に追われている。

 週末になると、ツリー周辺は家族連れを中心に、数千人の見物人でにぎわう。近くの観光案内所「おしなりくんの家」では、4月に入り、1日で約3000人が訪れたこともあったという。

 このため、見物人が地元の商店に「トイレの場所を教えてほしい」「トイレを貸してほしい」などと駆け込むケースが増えており、付近で立ち小便する人もいるという。

 墨田区は3月末、ツリー近くの北十間川沿いに、周辺の公衆トイレ6か所を記載した地図を張り出したほか、今月16日には、公衆トイレの方向と距離を表した矢印の看板も設置。トイレを探している見物人に手渡す地図を地元の商店に配った。

 区新タワー調整課では「さらに対策を講じていきたいので、これからも何ができるか協議していく」としている。

バイクでひったくり 容疑の会社員を逮捕(産経新聞)
「丸投げ」廃止で200億円削減=経産省が独自仕分け(時事通信)
書類の逮捕時間偽装 警視庁 警部ら8人書類送検(産経新聞)
無罪の元会長「最初から石井一議員と厚労省に絞り聴取」郵便不正(産経新聞)
比例1000万票で10議席目標=「第三極」で選挙協力も−舛添氏(時事通信)
posted by カジタ マサイチ at 15:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。